HOME

新着情報

胡蝶蘭を贈る

 高級洋ランとして知られる胡蝶蘭(コチョウラン)は、その名のとおり華やかな蝶を思わせる花弁をしています。和名だけでなく、学名の「ファレノプシス」も「蝶のような」という意味を持ちます。
 フィリピンやインドネシア原産の種を改良し、よく知られている園芸種の、大輪胡蝶蘭が生まれました。

 胡蝶蘭は、特別な時や場所への贈り物として用いられる花。優雅さ、華やかさとともに、凛とした立ち姿の美しさが、最上の花として贈られるゆえんでしょう。

 胡蝶蘭は本来、年に一度だけ、春から秋の間に花を咲かせます。熱帯原産の花だけに、寒さには弱いようです。
 その胡蝶蘭が1年中園芸店で見られるのは、気温や日照時間をコントロールして咲かせているから。
 心と手間と時間をかけられて育ち、大輪の美しい胡蝶蘭となるのです。

 胡蝶蘭は白とピンクが一般的。白い胡蝶蘭の花言葉は「清純」、ピンクの胡蝶蘭は「あなたを愛します」です。
 大切な人の特別な日のために、美しい胡蝶蘭を贈ってみませんか。